万葉集 第2巻 174番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻174番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 174番歌

第2巻
歌番号174番歌
作者作者不詳(舎人)
題詞(皇子尊宮舎人等慟傷作歌廿三首)
原文外尓見之 檀乃岡毛 君座者 常都御門跡 侍宿為鴨
訓読外に見し真弓の岡も君座せば常つ御門と侍宿するかも
かなよそにみし まゆみのをかも きみませば とこつみかどと とのゐするかも
英語(ローマ字)YOSONIMISHI MAYUMINOWOKAMO KIMIMASEBA TOKOTSUMIKADOTO TONOゐSURUKAMO
これまで無縁と見ていた真弓の岡も皇子がいらっしゃるとなれば島の宮の時と同様に警護につくことになろうか。
左注(右日本紀曰 三年己丑夏四月癸未朔乙未薨)
校異
用語挽歌、作者:舎人、草壁皇子、柿本人麻呂、殯宮挽歌、真弓岡、飛鳥、地名
タイトルとURLをコピーしました