万葉集 第2巻 150番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻150番歌はこちらにまとめました。

第2巻 150番歌

第2巻
歌番号 150番歌
作者 作者不詳(婦人)
題詞 天皇崩時婦人作歌一首 [姓氏未詳]
原文 空蝉師 神尓不勝者 離居而 朝嘆君 放居而 吾戀君 玉有者 手尓巻持而 衣有者 脱時毛無 吾戀 君曽伎賊乃夜 夢所見鶴
訓読 うつせみし 神に堪へねば 離れ居て 朝嘆く君 放り居て 我が恋ふる君 玉ならば 手に巻き持ちて 衣ならば 脱く時もなく 我が恋ふる 君ぞ昨夜の夜 夢に見えつる
かな うつせみし かみにあへねば はなれゐて あさなげくきみ さかりゐて あがこふるきみ たまならば てにまきもちて きぬならば ぬくときもなく あがこふる きみぞきぞのよ いめにみえつる
英語(ローマ字) UTSUSEMISHI KAMINIAHENEBA HANAREゐTE ASANAGEKUKIMI SAKARIゐTE AGAKOFURUKIMI TAMANARABA TENIMAKIMOCHITE KINUNARABA NUKUTOKIMONAKU AGAKOFURU KIMIZOKIZONOYO IMENIMIETSURU
この世の身である私、神様のようにお供ができず、こうして離れたまま、嘆きつつお慕いするしかありません。もし大君が玉なら手に巻き付けていよう、着物なら脱ぐこともなく、恋い焦がれていましょうに。昨夜、その大君が夢にみえました。
左注
校異
用語 挽歌、作者:婦人、天智天皇、近江朝挽歌、鎮魂、復活、魂よばひ、大津、滋賀県、地名
タイトルとURLをコピーしました