万葉集 第2巻 225番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻225番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 225番歌

第2巻
歌番号 225番歌
作者 妻依羅娘子
題詞 (柿本朝臣人麻呂死時妻依羅娘子作歌二首)
原文 直相者 相不勝 石川尓 雲立渡礼 見乍将偲
訓読 直の逢ひは逢ひかつましじ石川に雲立ち渡れ見つつ偲はむ
かな ただのあひは あひかつましじ いしかはに くもたちわたれ みつつしのはむ
英語(ローマ字) TADANOAHIHA AHIKATSUMASHIJI ISHIKAHANI KUMOTACHIWATARE MITSUTSUSHINOHAMU
もう、直接お逢いすることは出来なくなってしまいましたね。石川方面に雲よ出てくれ、その雲を見つつあなたをしのぼう。
左注
校異
用語 挽歌、作者:妻依羅娘子、柿本人麻呂、臨死、島根、歌語り、虚構、地名
タイトルとURLをコピーしました