万葉集 第2巻 225番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻225番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 225番歌

第2巻
歌番号225番歌
作者妻依羅娘子
題詞(柿本朝臣人麻呂死時妻依羅娘子作歌二首)
原文直相者 相不勝 石川尓 雲立渡礼 見乍将偲
訓読直の逢ひは逢ひかつましじ石川に雲立ち渡れ見つつ偲はむ
かなただのあひは あひかつましじ いしかはに くもたちわたれ みつつしのはむ
英語(ローマ字)TADANOAHIHA AHIKATSUMASHIJI ISHIKAHANI KUMOTACHIWATARE MITSUTSUSHINOHAMU
もう、直接お逢いすることは出来なくなってしまいましたね。石川方面に雲よ出てくれ、その雲を見つつあなたをしのぼう。
左注
校異
用語挽歌、作者:妻依羅娘子、柿本人麻呂、臨死、島根、歌語り、虚構、地名
タイトルとURLをコピーしました