万葉集 第2巻 211番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻211番歌はこちらにまとめました。

第2巻 211番歌

第2巻
歌番号 211番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 (柿本朝臣人麻呂妻死之後泣血哀慟作歌二首[并短歌])短歌二首
原文 去年見而之 秋乃月夜者 雖照 相見之妹者 弥年放
訓読 去年見てし秋の月夜は照らせれど相見し妹はいや年離る
かな こぞみてし あきのつくよは てらせれど あひみしいもは いやとしさかる
英語(ローマ字) KOZOMITESHI AKINOTSUKUYOHA TERASEREDO AHIMISHIIMOHA IYATOSHISAKARU
去年眺めた秋の月夜は今夜も同じように照っている。一緒に見た彼女との思い出もああ遠ざかっていく。
左注
校異
用語 挽歌、作者:柿本人麻呂、妻、亡妻挽歌
タイトルとURLをコピーしました