万葉集 第2巻 232番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻232番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 232番歌

第2巻
歌番号232番歌
作者笠金村
題詞((霊龜元年歳次乙卯秋九月志貴親王<薨>時作歌一首[并短歌])短歌二首)
原文御笠山 野邊徃道者 己伎太雲 繁荒有可 久尓有勿國
訓読御笠山野辺行く道はこきだくも繁く荒れたるか久にあらなくに
かなみかさやま のへゆくみちは こきだくも しげくあれたるか ひさにあらなくに
英語(ローマ字)MIKASAYAMA NOHEYUKUMICHIHA KOKIDAKUMO SHIGEKUARETARUKA HISANIARANAKUNI
三笠山の野辺を行く道はこんなにも草が茂り、荒れ果ててしまったのであろうか。皇子が薨去されて、まださほど月日が経っていないのに。
左注右歌笠朝臣金村歌集出
校異
用語挽歌、霊亀1年9月、年紀、作者:笠金村、志貴皇子、奈良、地名
タイトルとURLをコピーしました