万葉集 第2巻 231番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻231番歌はこちらにまとめました。

第2巻 231番歌

第2巻
歌番号 231番歌
作者 笠金村
題詞 (霊龜元年歳次乙卯秋九月志貴親王<薨>時作歌一首[并短歌])短歌二首
原文 高圓之 野邊乃秋芽子 徒 開香将散 見人無尓
訓読 高円の野辺の秋萩いたづらに咲きか散るらむ見る人なしに
かな たかまとの のへのあきはぎ いたづらに さきかちるらむ みるひとなしに
英語(ローマ字) TAKAMATONO NOHENOAKIHAGI ITADURANI SAKIKACHIRURAMU MIRUHITONASHINI
高円の野辺いっぱいの秋の萩。いたづらに咲いて誇っているのだろうか。愛でるご主人(皇子)もいなくて。
左注 ?(右歌笠朝臣金村歌集出)
校異
用語 挽歌、霊亀1年9月、年紀、作者:笠金村、志貴皇子、奈良、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました