万葉集 第2巻 163番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻163番歌はこちらにまとめました。

第2巻 163番歌

第2巻
歌番号 163番歌
作者 大伯皇女
題詞 藤原宮御宇天皇代 [高天原廣野姫天皇<天皇元年丁亥十一年譲位軽太子尊号曰太上天皇>] / 大津皇子薨之後大来皇女従伊勢齊宮上京之時御作歌二首
原文 神風<乃> 伊勢能國尓<母> 有益乎 奈何可来計武 君毛不有尓
訓読 神風の伊勢の国にもあらましを何しか来けむ君もあらなくに
かな かむかぜの いせのくににも あらましを なにしかきけむ きみもあらなくに
英語(ローマ字) KAMUKAZENO ISENOKUNINIMO ARAMASHIWO NANISHIKAKIKEMU KIMIMOARANAKUNI
神風の吹く伊勢の国にいてもよかったのに、どうして私はここ藤原宮にやってきたのでしょう。あなたもいないのに。
左注
校異 之 乃 [金][類][古][紀] / 毛 母 [金][類][紀]
用語 挽歌、作者:大伯皇女、大津皇子、歌語り、哀悼、飛鳥、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました