万葉集 第2巻 105番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻105番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 105番歌

第2巻
歌番号 105番歌
作者 大伯皇女
題詞 藤原宮御宇天皇<代> [天皇謚曰持統天皇元年丁亥十一年譲位軽太子尊号曰太上天皇也] / 大津皇子竊下於伊勢神宮上来時大伯皇女御作歌二首
原文 吾勢I乎 倭邊遺登 佐夜深而 鷄鳴露尓 吾立所霑之
訓読 我が背子を大和へ遣るとさ夜更けて暁露に我れ立ち濡れし
かな わがせこを やまとへやると さよふけて あかときつゆに われたちぬれし
英語(ローマ字) WAGASEKOWO YAMATOHEYARUTO SAYOFUKETE AKATOKITSUYUNI WARETACHINURESHI
弟皇子を大和に見送る夜、夜が更けて暁になるまで、私は立ちつくし、露に濡れました。
左注
校異
用語 相聞、作者:大伯皇女、大津皇子、伊勢神宮、悲劇、歌語り、斎宮、見送り、羈旅、三重、地名
タイトルとURLをコピーしました