万葉集 第2巻 104番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻104番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 104番歌

第2巻
歌番号104番歌
作者藤原夫人
題詞藤原夫人奉和歌一首
原文吾岡之 於可美尓言而 令落 雪之摧之 彼所尓塵家武
訓読我が岡のおかみに言ひて降らしめし雪のくだけしそこに散りけむ
かなわがをかの おかみにいひて ふらしめし ゆきのくだけし そこにちりけむ
英語(ローマ字)WAGAWOKANO OKAMINIIHITE FURASHIMESHI YUKINOKUDAKESHI SOKONICHIRIKEMU
私の実家の岡に鎮座する淤加美の神に言って雪を降らせてもらったのよ。その雪の砕けたかけらがそちらに行ったのでしょうよ。
左注
校異
用語相聞、作者:藤原夫人、天武天皇、贈答、掛け合い歌、飛鳥、地名
タイトルとURLをコピーしました