万葉集 第2巻 215番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻215番歌はこちらにまとめました。

第2巻 215番歌

第2巻
歌番号 215番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 ((柿本朝臣人麻呂妻死之後泣血哀慟作歌二首[并短歌])短歌三首)
原文 衾路 引出山 妹<置> 山路念邇 生刀毛無
訓読 衾道を引手の山に妹を置きて山道思ふに生けるともなし
かな ふすまぢを ひきでのやまに いもをおきて やまぢおもふに いけるともなし
英語(ローマ字) FUSUMADIWO HIKIDENOYAMANI IMOWOOKITE YAMADIOMOFUNI IKERUTOMONASHI
襖を引いて閉めるように妻を葬った山に別れを告げて、山道を思うと生きた心地がしない。
左注
校異 且 置 [西(左書)][類][紀]
用語 挽歌、作者:柿本人麻呂、妻、異伝、亡妻挽歌、枕詞
タイトルとURLをコピーしました