万葉集 第2巻 195番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻195番歌はこちらにまとめました。

第2巻 195番歌

第2巻
歌番号 195番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 (柿本朝臣人麻呂獻泊瀬部皇女忍坂部皇子歌一首[并短歌])反歌一首
原文 敷妙乃 袖易之君 玉垂之 越野過去 亦毛将相八方 [一云 乎知野尓過奴]
訓読 敷栲の袖交へし君玉垂の越智野過ぎ行くまたも逢はめやも [一云 越智野に過ぎぬ]
かな しきたへの そでかへしきみ たまだれの をちのすぎゆく またもあはめやも [をちのにすぎぬ]
英語(ローマ字) SHIKITAHENO SODEKAHESHIKIMI TAMADARENO WOCHINOSUGIYUKU MATAMOAHAMEYAMO [WOCHINONISUGINU]
互いに袖を交わし合った(共寝した)あなたは越智野に葬り去られた。再びお会いしたかったのに。
左注 右或本曰 葬河嶋皇子越智野之時 獻泊瀬部皇女歌也 日本紀<云>朱鳥五年辛卯秋九月己巳朔丁丑浄大参皇子川嶋薨
校異
用語 挽歌、作者:柿本人麻呂、泊瀬部皇女、忍坂皇子、代作、献呈挽歌、異伝、飛鳥、枕詞、地名
タイトルとURLをコピーしました