万葉集 第2巻 194番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻194番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 194番歌

第2巻
歌番号 194番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 柿本朝臣人麻呂獻泊瀬部皇女忍坂部皇子歌一首[并短歌]
原文 飛鳥 明日香乃河之 上瀬尓 生玉藻者 下瀬尓 流觸經 玉藻成 彼依此依 靡相之 嬬乃命乃 多田名附 柔<膚>尚乎 劔刀 於身副不寐者 烏玉乃 夜床母荒良無 [一云 <阿>礼奈牟] 所虚故 名具鮫<兼>天 氣<田>敷藻 相屋常念而 [一云 公毛相哉登] 玉垂乃 越<能>大野之 旦露尓 玉裳者O打 夕霧尓 衣者<沾>而 草枕 旅宿鴨為留 不相君故
訓読 飛ぶ鳥の 明日香の川の 上つ瀬に 生ふる玉藻は 下つ瀬に 流れ触らばふ 玉藻なす か寄りかく寄り 靡かひし 嬬の命の たたなづく 柔肌すらを 剣太刀 身に添へ寝ねば ぬばたまの 夜床も荒るらむ [一云 荒れなむ] そこ故に 慰めかねて けだしくも 逢ふやと思ひて [一云 君も逢ふやと] 玉垂の 越智の大野の 朝露に 玉藻はひづち 夕霧に 衣は濡れて 草枕 旅寝かもする 逢はぬ君故
かな とぶとりの あすかのかはの かみつせに おふるたまもは しもつせに ながれふらばふ たまもなす かよりかくより なびかひし つまのみことの たたなづく にきはだすらを つるぎたち みにそへねねば ぬばたまの よとこもあるらむ [あれなむ] そこゆゑに なぐさめかねて けだしくも あふやとおもひて [きみもあふやと] たまだれの をちのおほのの あさつゆに たまもはひづち ゆふぎりに ころもはぬれて くさまくら たびねかもする あはぬきみゆゑ
英語(ローマ字) TOBUTORINO ASUKANOKAHANO KAMITSUSENI OFURUTAMAMOHA SHIMOTSUSENI NAGAREFURABAFU TAMAMONASU KAYORIKAKUYORI NABIKAHISHI TSUMANOMIKOTONO TATANADUKU NIKIHADASURAWO TSURUGITACHI MINISOHENENEBA NUBATAMANO YOTOKOMOARURAMU [ARENAMU] SOKOYUゑNI NAGUSAMEKANETE KEDASHIKUMO AFUYATOOMOHITE [KIMIMOAFUYATO] TAMADARENO WOCHINOOHONONO ASATSUYUNI TAMAMOHAHIDUCHI YUFUGIRINI KOROMOHANURETE KUSAMAKURA TABINEKAMOSURU AHANUKIMIYUゑ
明日香川の上流の瀬に生える玉藻は、下流の瀬に流れ寄って玉藻をなす。こんな風に寄り添って靡き寄る。夫の皇子は重なり合って柔肌を重ねて寝たが、その添い寝してくれる妻もいなく、夜床も荒れすさんでいるだろう(あるいは、荒れすさんでゆくだろう、と)。なので慰められることもなかろう。ひょっとして皇子に逢えるやも知れぬと(あるいは皇子がひょっこり逢いにくるかと)思って 越智の大野にお立ちになって、朝露に玉裳をぬらし、夕霧に着物をぬらし、旅寝されることだろうか。逢えない皇子を慕って。
左注 (右或本曰 葬河嶋皇子越智野之時 獻泊瀬部皇女歌也 日本紀<云>朱鳥五年辛卯秋九月己巳朔丁丑浄大参皇子川嶋薨)
校異 庸 膚 [金][矢][京] / 何 阿 [類][紀] / 魚 兼 [略解] / 留 田 [金][類] / 乃 能 [金][紀] / 沽 沾 [金][温][京]
用語 挽歌、作者:柿本人麻呂、泊瀬部皇女、忍坂皇子、代作、献呈挽歌、異伝、飛鳥、地名、枕詞
スポンサーリンク

解説

題詞は「柿本朝臣人麻呂、泊瀬部皇女と忍坂部皇子に奉った歌と短歌」という意味。泊瀬部皇女(はつせべのひめみこ)は四十代天武天皇の皇女。忍坂部皇子(おさかべのみこ)は皇女の同母兄。四十代天武天皇の皇子。

「流れ触(ふ)らばふ」は「なびいて触れあう」、「たたなづく」は「重なり合う」という意味。「剣太刀(つるぎたち)」、「ぬばたまの」、「玉垂の 」は枕詞。「けだしくも」は「ひょっとして」という意味。「越智の大野」は奈良県高市郡高取町の野。

タイトルとURLをコピーしました