万葉集 第2巻 222番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻222番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 222番歌

第2巻
歌番号 222番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 ((讃岐狭<岑>嶋視石中死人柿本朝臣人麻呂作歌一首[并短歌])短歌二首)
原文 奥波 来依荒礒乎 色妙乃 枕等巻而 奈世流君香聞
訓読 沖つ波来寄る荒礒を敷栲の枕とまきて寝せる君かも
かな おきつなみ きよるありそを しきたへの まくらとまきて なせるきみかも
英語(ローマ字) OKITSUNAMI KIYORUARISOWO SHIKITAHENO MAKURATOMAKITE NASERUKIMIKAMO
沖の波が打ち寄せる荒磯を枕として寝ていらっしゃるお人。
左注
校異
用語 挽歌、作者:柿本人麻呂、石中死人、行路死人、羈旅、香川、沙弥島、地名
タイトルとURLをコピーしました