万葉集 第2巻 109番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻109番歌はこちらにまとめました。

第2巻 109番歌

第2巻
歌番号 109番歌
作者 大津皇子
題詞 大津皇子竊婚石川女郎時津守連通占露其事皇子御作歌一首 <[未詳]>
原文 大船之 津守之占尓 将告登波 益為尓知而 我二人宿之
訓読 大船の津守が占に告らむとはまさしに知りて我がふたり寝し
かな おほぶねの つもりがうらに のらむとは まさしにしりて わがふたりねし
英語(ローマ字) OHOBUNENO TSUMORIGAURANI NORAMUTOHA MASASHINISHIRITE WAGAFUTARINESHI
津守(人名)の占いによって(謀反の疑いが)あらわれるとはまさに承知しながら、私は彼女と共寝したよ。
左注
校異
用語 相聞、作者:大津皇子、石川郎女、津守通、占い、歌語り、枕詞
タイトルとURLをコピーしました