万葉集 第2巻 148番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻148番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 148番歌

第2巻
歌番号148番歌
作者倭皇后
題詞一書曰近江天皇聖躰不豫御病急時<太>后奉獻御歌一首
原文青旗乃 木旗能上乎 賀欲布跡羽 目尓者雖視 直尓不相香裳
訓読青旗の木幡の上を通ふとは目には見れども直に逢はぬかも
かなあをはたの こはたのうへを かよふとは めにはみれども ただにあはぬかも
英語(ローマ字)AWOHATANO KOHATANOUHEWO KAYOFUTOHA MENIHAMIREDOMO TADANIAHANUKAMO
青々と樹木の茂る木幡山の上を御霊が往来しているのは、この私にははっきり見えますが、直接お姿に出合うことはできません。
左注
校異
用語挽歌、作者:倭皇后、天智天皇、近江朝挽歌、一書、幻想、大津、滋賀県、地名
タイトルとURLをコピーしました