万葉集 第2巻 128番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻128番歌はこちらにまとめました。

第2巻 128番歌

第2巻
歌番号 128番歌
作者 石川女郎
題詞 同石川女郎更贈大伴田主中郎歌一首
原文 吾聞之 耳尓好似 葦若<末>乃 足痛吾勢 勤多扶倍思
訓読 我が聞きし耳によく似る葦の末の足ひく我が背つとめ給ぶべし
かな わがききし みみによくにる あしのうれの あしひくわがせ つとめたぶべし
英語(ローマ字) WAGAKIKISHI MIMINIYOKUNIRU ASHINOURENO ASHIHIKUWAGASE TSUTOMETABUBESHI
噂に聞いていたように、あなた様は葦の葉先のように弱々しく足を引きずっていらっしゃるんですね。どうか大切にご養生なさって下さい。
左注 右依中郎足疾贈此歌問訊也
校異 未 末 [万葉考]
用語 相聞、作者:石川女郎、大伴田主、贈答、掛け合い、歌語り、植物
タイトルとURLをコピーしました