万葉集 第2巻 223番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻223番歌はこちらにまとめました。

第2巻 223番歌

第2巻
歌番号 223番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 柿本朝臣人麻呂在石見國臨死時自傷作歌一首
原文 鴨山之 磐根之巻有 吾乎鴨 不知等妹之 待乍将有
訓読 鴨山の岩根しまける我れをかも知らにと妹が待ちつつあるらむ
かな かもやまの いはねしまける われをかも しらにといもが まちつつあるらむ
英語(ローマ字) KAMOYAMANO IHANESHIMAKERU WAREWOKAMO SHIRANITOIMOGA MACHITSUTSUARURAMU
鴨山の海の荒磯の岩を枕にして行き倒れしようとしている私のことも知らないで、彼女は待っているのだろうか。
左注
校異
用語 挽歌、作者:柿本人麻呂、臨死、島根、虚構、歌語り、地名
タイトルとURLをコピーしました