万葉集 第2巻 220番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻220番歌はこちらにまとめました。

第2巻 220番歌

第2巻
歌番号 220番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 讃岐狭<岑>嶋視石中死人柿本朝臣人麻呂作歌一首[并短歌]
原文 玉藻吉 讃岐國者 國柄加 雖見不飽 神柄加 幾許貴寸 天地 日月與共 満将行 神乃御面跡 次来 中乃水門従 <船>浮而 吾榜来者 時風 雲居尓吹尓 奥見者 跡位浪立 邊見者 白浪散動 鯨魚取 海乎恐 行<船>乃 梶引折而 彼此之 嶋者雖多 名細之 狭<岑>之嶋乃 荒礒面尓 廬作而見者 浪音乃 茂濱邊乎 敷妙乃 枕尓為而 荒床 自伏君之 家知者 徃而毛将告 妻知者 来毛問益乎 玉桙之 道太尓不知 欝悒久 待加戀良武 愛伎妻等者
訓読 玉藻よし 讃岐の国は 国からか 見れども飽かぬ 神からか ここだ貴き 天地 日月とともに 足り行かむ 神の御面と 継ぎ来る 那珂の港ゆ 船浮けて 我が漕ぎ来れば 時つ風 雲居に吹くに 沖見れば とゐ波立ち 辺見れば 白波騒く 鯨魚取り 海を畏み 行く船の 梶引き折りて をちこちの 島は多けど 名ぐはし 狭岑の島の 荒磯面に 廬りて見れば 波の音の 繁き浜辺を 敷栲の 枕になして 荒床に ころ臥す君が 家知らば 行きても告げむ 妻知らば 来も問はましを 玉桙の 道だに知らず おほほしく 待ちか恋ふらむ はしき妻らは
かな たまもよし さぬきのくには くにからか みれどもあかぬ かむからか ここだたふとき あめつち ひつきとともに たりゆかむ かみのみおもと つぎきたる なかのみなとゆ ふねうけて わがこぎくれば ときつかぜ くもゐにふくに おきみれば とゐなみたち へみれば しらなみさわく いさなとり うみをかしこみ ゆくふねの かぢひきをりて をちこちの しまはおほけど なぐはし さみねのしまの ありそもに いほりてみれば なみのおとの しげきはまべを しきたへの まくらになして あらとこに ころふすきみが いへしらば ゆきてもつげむ つましらば きもとはましを たまほこの みちだにしらず おほほしく まちかこふらむ はしきつまらは
英語(ローマ字) TAMAMOYOSHI SANUKINOKUNIHA KUNIKARAKA MIREDOMOAKANU KAMUKARAKA KOKODATAFUTOKI AMETSUCHI HITSUKITOTOMONI TARIYUKAMU KAMINOMIOMOTO TSUGIKITARU NAKANOMINATOYU FUNEUKETE WAGAKOGIKUREBA TOKITSUKAZE KUMOゐNIFUKUNI OKIMIREBA TOゐNAMITACHI HEMIREBA SHIRANAMISAWAKU ISANATORI UMIWOKASHIKOMI YUKUFUNENO KADIHIKIWORITE WOCHIKOCHINO SHIMAHAOHOKEDO NAGUHASHI SAMINENOSHIMANO ARISOMONI IHORITEMIREBA NAMINOOTONO SHIGEKIHAMABEWO SHIKITAHENO MAKURANINASHITE ARATOKONI KOROFUSUKIMIGA IHESHIRABA YUKITEMOTSUGEMU TSUMASHIRABA KIMOTOHAMASHIWO TAMAHOKONO MICHIDANISHIRAZU OHOHOSHIKU MACHIKAKOFURAMU HASHIKITSUMARAHA
藻が美しい讃岐の国は風光明媚な土地柄、見れども見れども飽きがこない。神々しい風格が備わっていて、天地も日月も貴く満ち足りている。神のように美しい顔を備えている。その那珂の港から船を浮かべて漕いでやってきた。すると時ならぬ風が雲の浮かぶ辺りから吹いてきた。沖の方を見ると波がうねり立ち、岸辺には白波が騒ぎ立っている。その恐ろしい海を梶が折れんばかりに船を漕ぎ進める。あちこちに多くの島が浮かんでいるが、霊妙な名を持つ狭岑の島(沙弥島)の荒磯に漕ぎつけてみた。すると、波音が激しい浜辺に真っ白な石を枕にしてその荒れ床に横たわっている人がいるではないか。この人の家が分かっていれば、行って告げ知らせもしように。妻が知ればやって来て声をかけようものを。が、ここに来る道も知らない妻はぼんやりと待ちに待っているだろうな愛しい妻は。
左注
校異 U 船 [類][紀][温] / U 船 [類][紀][温] / 峯 岑 [類][紀][温] / 太 [類][紀](塙) 大
用語 挽歌、作者:柿本人麻呂、石中死人、行路死人、羈旅、香川、沙弥島、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました