万葉集 第2巻 229番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻229番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第2巻 229番歌

第2巻
歌番号229番歌
作者河辺宮人
題詞(和銅四年歳次辛亥河邊宮人姫嶋松原見嬢子屍悲嘆作歌二首)
原文難波方 塩干勿有曽祢 沈之 妹之光儀乎 見巻苦流思母
訓読難波潟潮干なありそね沈みにし妹が姿を見まく苦しも
かななにはがた しほひなありそね しづみにし いもがすがたを みまくくるしも
英語(ローマ字)NANIHAGATA SHIHOHINAARISONE SHIDUMINISHI IMOGASUGATAWO MIMAKUKURUSHIMO
難波潟よ、潮をひかないでおくれ。死んで沈んだ彼女の姿を見るのが辛いから。
左注
校異
用語挽歌、作者:河辺宮人、姫島、行路死人、歌語り、大阪、地名
タイトルとURLをコピーしました