万葉集 第2巻 228番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻228番歌はこちらにまとめました。

第2巻 228番歌

第2巻
歌番号 228番歌
作者 河辺宮人
題詞 寧樂宮 / 和銅四年歳次辛亥河邊宮人姫嶋松原見嬢子屍悲嘆作歌二首
原文 妹之名<者> 千代尓将流 姫嶋之 子松之末尓 蘿生萬代尓
訓読 妹が名は千代に流れむ姫島の小松がうれに蘿生すまでに
かな いもがなは ちよにながれむ ひめしまの こまつがうれに こけむすまでに
英語(ローマ字) IMOGANAHA CHIYONINAGAREMU HIMESHIMANO KOMATSUGAURENI KOKEMUSUMADENI
嬢子(をとめ)の名は末永く語り継がれるだろう。姫島の松の梢が大きくなってこけむしてしまうまで。
左注
校異 <> 者 [西(右書)][金][類][古]
用語 挽歌、作者:河辺宮人、姫島、行路死人、歌語り、大阪、地名
タイトルとURLをコピーしました