万葉集 第2巻 208番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻208番歌はこちらにまとめました。

第2巻 208番歌

第2巻
歌番号 208番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 (柿本朝臣人麻呂妻死之後泣血哀慟作歌二首[并短歌])短歌二首
原文 秋山之 黄葉乎茂 迷流 妹乎将求 山道不知母 [一云 路不知而]
訓読 秋山の黄葉を茂み惑ひぬる妹を求めむ山道知らずも [一云 道知らずして]
かな あきやまの もみちをしげみ まどひぬる いもをもとめむ やまぢしらずも [みちしらずして]
英語(ローマ字) AKIYAMANO MOMICHIWOSHIGEMI MADOHINURU IMOWOMOTOMEMU YAMADISHIRAZUMO [MICHISHIRAZUSHITE]
秋山に美しい黄葉の木々が茂っていて妻はその中に迷い込んでしまった。妻に逢いに行こうにも、山道が分からない。
左注
校異
用語 挽歌、作者:柿本人麻呂、妻、山中他界、亡妻挽歌
タイトルとURLをコピーしました