万葉集 第2巻 137番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻137番歌はこちらにまとめました。

第2巻 137番歌

第2巻
歌番号 137番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 ((柿本朝臣人麻呂従石見國別妻上来時歌二首[并短歌])反歌二首)
原文 秋山尓 落黄葉 須臾者 勿散乱曽 妹之<當>将見 [一云 知里勿乱曽]
訓読 秋山に落つる黄葉しましくはな散り乱ひそ妹があたり見む [一云 散りな乱ひそ]
かな あきやまに おつるもみちば しましくは なちりまがひそ いもがあたりみむ [ちりなまがひそ]
英語(ローマ字) AKIYAMANI OTSURUMOMICHIBA SHIMASHIKUHA NACHIRIMAGAHISO IMOGAATARIMIMU [CHIRINAMAGAHISO]
秋の山の黄葉よ。しばし散り乱れないでおくれ。妻のいる里のあたりを眺めたいから。
左注
校異 雷 當 [元][類]
用語 相聞、作者:柿本人麻呂、依羅娘子、離別、石見相聞歌、上京、地方官、島根、植物、悲別
タイトルとURLをコピーしました