万葉集 第2巻 115番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻115番歌はこちらにまとめました。

第2巻 115番歌

第2巻
歌番号 115番歌
作者 但馬皇女
題詞 勅穂積皇子遣近江志賀山寺時但馬皇女御作歌一首
原文 遺居<而> 戀管不有者 追及武 道之阿廻尓 標結吾勢
訓読 後れ居て恋ひつつあらずは追ひ及かむ道の隈廻に標結へ我が背
かな おくれゐて こひつつあらずは おひしかむ みちのくまみに しめゆへわがせ
英語(ローマ字) OKUREゐTE KOHITSUTSUARAZUHA OHISHIKAMU MICHINOKUMAMINI SHIMEYUHEWAGASE
家にじっとしていて、恋い慕ってなどいないで追いかけていこう。だから、道の曲がり角毎に目印の標を結んでおいてね、あなた。
左注
校異 与 而 [元][類][紀]
用語 相聞、作者:但馬皇女、穂積皇子、恋愛、歌語り
タイトルとURLをコピーしました