万葉集 第2巻 209番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻209番歌はこちらにまとめました。

第2巻 209番歌

第2巻
歌番号 209番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 ((柿本朝臣人麻呂妻死之後泣血哀慟作歌二首[并短歌])短歌二首)
原文 黄葉之 落去奈倍尓 玉梓之 使乎見者 相日所念
訓読 黄葉の散りゆくなへに玉梓の使を見れば逢ひし日思ほゆ
かな もみちばの ちりゆくなへに たまづさの つかひをみれば あひしひおもほゆ
英語(ローマ字) MOMICHIBANO CHIRIYUKUNAHENI TAMADUSANO TSUKAHIWOMIREBA AHISHIHIOMOHOYU
散ってゆく黄葉、さらに梓の小枝をもって使いの者が往来するのを見ていると、彼女と逢っていた日々が思い起こされる。
左注
校異
用語 挽歌、作者:柿本人麻呂、妻、亡妻挽歌、枕詞、植物
タイトルとURLをコピーしました