万葉集 第2巻 151番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻151番歌はこちらにまとめました。

第2巻 151番歌

第2巻
歌番号 151番歌
作者 額田王
題詞 天皇大殯之時歌二首
原文 如是有乃 <懐>知勢婆 大御船 泊之登萬里人 標結麻思乎 [額田王]
訓読 かからむとかねて知りせば大御船泊てし泊りに標結はましを [額田王]
かな かからむと かねてしりせば おほみふね はてしとまりに しめゆはましを
英語(ローマ字) KAKARAMUTO KANETESHIRISEBA OHOMIFUNE HATESHITOMARINI SHIMEYUHAMASHIWO
お亡くなりになると知っていれば、あらかじめ、大御船が泊っている港に標縄を張って悪霊からお守りするんでしたのに。
左注
校異 豫 懐 [金][類][古] / 人 [古][紀] 尓
用語 挽歌、作者:額田王、天智天皇、近江朝挽歌、殯宮、魂よばひ、大津、滋賀県、地名
タイトルとURLをコピーしました