万葉集 第2巻 131番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻131番歌はこちらにまとめました。

第2巻 131番歌

第2巻
歌番号 131番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 柿本朝臣人麻呂従石見國別妻上来時歌二首[并短歌]
原文 石見乃海 角乃浦廻乎 浦無等 人社見良目 滷無等 [一云 礒無登] 人社見良目 能咲八師 浦者無友 縦畫屋師 滷者 [一云 礒者] 無鞆 鯨魚取 海邊乎指而 和多豆乃 荒礒乃上尓 香青生 玉藻息津藻 朝羽振 風社依米 夕羽振流 浪社来縁 浪之共 彼縁此依 玉藻成 依宿之妹乎 [一云 波之伎余思 妹之手本乎] 露霜乃 置而之来者 此道乃 八十隈毎 萬段 顧為騰 弥遠尓 里者放奴 益高尓 山毛越来奴 夏草之 念思奈要而 志<怒>布良武 妹之門将見 靡此山
訓読 石見の海 角の浦廻を 浦なしと 人こそ見らめ 潟なしと [一云 礒なしと] 人こそ見らめ よしゑやし 浦はなくとも よしゑやし 潟は [一云 礒は] なくとも 鯨魚取り 海辺を指して 柔田津の 荒礒の上に か青なる 玉藻沖つ藻 朝羽振る 風こそ寄せめ 夕羽振る 波こそ来寄れ 波のむた か寄りかく寄り 玉藻なす 寄り寝し妹を [一云 はしきよし 妹が手本を] 露霜の 置きてし来れば この道の 八十隈ごとに 万たび かへり見すれど いや遠に 里は離りぬ いや高に 山も越え来ぬ 夏草の 思ひ萎へて 偲ふらむ 妹が門見む 靡けこの山
かな いはみのうみ つののうらみを うらなしと ひとこそみらめ かたなしと [いそなしと] ひとこそみらめ よしゑやし うらはなくとも よしゑやし かたは [いそは] なくとも いさなとり うみへをさして にきたづの ありそのうへに かあをなる たまもおきつも あさはふる かぜこそよせめ ゆふはふる なみこそきよれ なみのむた かよりかくより たまもなす よりねしいもを [はしきよし いもがたもとを] つゆしもの おきてしくれば このみちの やそくまごとに よろづたび かへりみすれど いやとほに さとはさかりぬ いやたかに やまもこえきぬ なつくさの おもひしなえて しのふらむ いもがかどみむ なびけこのやま
英語(ローマ字) IHAMINOUMI TSUNONOURAMIWO URANASHITO HITOKOSOMIRAME KATANASHITO [ISONASHITO] HITOKOSOMIRAME YOSHIゑYASHI URAHANAKUTOMO YOSHIゑYASHI KATAHA [ISOHA] NAKUTOMO ISANATORI UMIHEWOSASHITE NIKITADUNO ARISONOUHENI KAAWONARU TAMAMOOKITSUMO ASAHAFURU KAZEKOSOYOSEME YUFUHAFURU NAMIKOSOKIYORE NAMINOMUTA KAYORIKAKUYORI TAMAMONASU YORINESHIIMOWO [HASHIKIYOSHI IMOGATAMOTOWO] TSUYUSHIMONO OKITESHIKUREBA KONOMICHINO YASOKUMAGOTONI YORODUTABI KAHERIMISUREDO IYATOHONI SATOHASAKARINU IYATAKANI YAMAMOKOEKINU NATSUKUSANO OMOHISHINAETE SHINOFURAMU IMOGAKADOMIMU NABIKEKONOYAMA
石見の海の角の浦あたりには良好な港が無いと人は言い、適当な干潟(磯ともいう)も無いと人は言う。たとえ港は無くとも、たとえ干潟(磯)は無くとも、クジラは捕れる。柔田津(にぎたづ)の荒磯の上には青々とした藻すなわち沖藻が朝も夕も風が吹き、鳥が羽ばたくように波立ってそうした藻を海岸に打ち寄せる。そんな玉藻のように寄ってきて共寝した妻(あるいはいとしい妻の手元)を離れてきた。やって来たその道の曲がり角ごとに幾たびも振り返ってみた。いや里は遠く離れ、いや高い山も越えてやってきた。思いもしぼんで妻の家が見たくてたまらない、こんな山などなくなれば。
左注
校異 奴 怒 [元][紀][温]
用語 相聞、作者:柿本人麻呂、依羅娘子、離別、石見相聞歌、上京、地方官、島根、地名、枕詞、悲別
タイトルとURLをコピーしました