万葉集 第2巻 218番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻218番歌はこちらにまとめました。

第2巻 218番歌

第2巻
歌番号 218番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 (吉備津釆女死時柿本朝臣人麻呂作歌一首[并短歌])短歌二首
原文 樂浪之 志賀津子等何 [一云 志賀乃津之子我] 罷道之 川瀬道 見者不怜毛
訓読 楽浪の志賀津の子らが [一云 志賀の津の子が] 罷り道の川瀬の道を見れば寂しも
かな ささなみの しがつのこらが [しがのつのこが] まかりぢの かはせのみちを みればさぶしも
英語(ローマ字) SASANAMINO SHIGATSUNOKORAGA [SHIGANOTSUNOKOGA] MAKARIDINO KAHASENOMICHIWO MIREBASABUSHIMO
大津京に仕えていたあの子が(一に云う「志賀の津の子が」)葬送の道を送られていく川瀬の道を見るのは寂しい。
左注
校異
用語 挽歌、作者:柿本人麻呂、吉備津采女、枕詞
タイトルとURLをコピーしました