万葉集 第2巻 157番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第2巻157番歌はこちらにまとめました。

第2巻 157番歌

第2巻
歌番号 157番歌
作者 高市皇子
題詞 (十市皇女薨時高市皇子尊御作歌三首)
原文 神山之 山邊真蘇木綿 短木綿 如此耳故尓 長等思伎
訓読 三輪山の山辺真麻木綿短か木綿かくのみからに長くと思ひき
かな みわやまの やまへまそゆふ みじかゆふ かくのみからに ながくとおもひき
英語(ローマ字) MIWAYAMANO YAMAHEMASOYUFU MIJIKAYUFU KAKUNOMIKARANI NAGAKUTOOMOHIKI
三輪山の山辺の真麻木綿(まそゆふ)も短木綿(みじかゆふ)も短い故に亡くなってしまったのか。もっと長生きしてほしかったのに。
左注 (紀曰七年<戊>寅夏四月丁亥朔癸巳十市皇女卒然病發薨於宮中)
校異
用語 挽歌、作者:高市皇子、十市皇女、難訓、夢、復活、三輪山、奈良、地名
タイトルとURLをコピーしました