万葉集 第1巻 13番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻13番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第1巻 13番歌

第1巻
歌番号13番歌
作者天智天皇(中大兄)
題詞中大兄[近江宮御宇天皇]<三山歌>
原文高山波 雲根火雄男志等 耳梨與 相諍競伎 神代従 如此尓有良之 古昔母 然尓有許曽 虚蝉毛 嬬乎 相<挌>良思吉
訓読香具山は 畝傍を愛しと 耳成と 相争ひき 神代より かくにあるらし 古も しかにあれこそ うつせみも 妻を争ふらしき
かなかぐやまは うねびををしと みみなしと あひあらそひき かむよより かくにあるらし いにしへも しかにあれこそ うつせみも つまを あらそふらしき
英語(ローマ字)KAGUYAMAHA UNEBIWOWOSHITO MIMINASHITO AHIARASOHIKI KAMUYOYORI KAKUNIARURASHI INISHIHEMO SHIKANIAREKOSO UTSUSEMIMO TSUMAWO ARASOFURASHIKI
香具山は畝傍山を愛しいと、耳成山と相争ってきた。神代からこうであったらしいし、いにしえの昔からもそうであった。なので、今でも妻を争っているらしいではないか。
左注
校異三山歌一首 三山歌 [元][紀][古] / 格 挌 [元][冷][文][紀]
用語雑歌、作者:中大兄:天智、三山歌、兵庫、妻争い、羈旅、地名、伝説
タイトルとURLをコピーしました