万葉集 第1巻 72番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻72番歌はこちらにまとめました。

第1巻 72番歌

第1巻
歌番号 72番歌
作者 藤原宇合
題詞 (大行天皇幸于難波宮時歌)
原文 玉藻苅 奥敝波不<榜> 敷妙<乃> 枕之邊人 忘可祢津藻
訓読 玉藻刈る沖へは漕がじ敷栲の枕のあたり忘れかねつも
かな たまもかる おきへはこがじ しきたへの まくらのあたり わすれかねつも
英語(ローマ字) TAMAMOKARU OKIHEHAKOGAJI SHIKITAHENO MAKURANOATARI WASUREKANETSUMO
女たちが玉藻を刈り取っている沖に向かって舟を漕いでいくまい。夕べ真っ白な床で枕を共にした女がいたら、忘れられないから。
左注 右一首式部卿藤原宇合
校異 G 榜 [元] / 之 乃 [元][類][紀]
用語 雑歌、作者:藤原宇合、難波、文武、行幸、大阪、従駕、植物、枕詞
タイトルとURLをコピーしました