万葉集 第1巻 71番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻71番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第1巻 71番歌

第1巻
歌番号71番歌
作者忍坂部乙麻呂
題詞大行天皇幸于難波宮時歌
原文倭戀 寐之不所宿尓 情無 此渚崎<未>尓 多津鳴倍思哉
訓読大和恋ひ寐の寝らえぬに心なくこの洲崎廻に鶴鳴くべしや
かなやまとこひ いのねらえぬに こころなく このすさきみに たづなくべしや
英語(ローマ字)YAMATOKOHI INONERAENUNI KOKORONAKU KONOSUSAKIMINI TADUNAKUBESHIYA
大和が恋しくて寝るに寝られないのに、鶴たちは、この入り江のあたりで心なく鳴き交わしてよいものだろうか。
左注右一首忍坂部乙麻呂
校異<> 未 [元][類][冷][紀]
用語雑歌、作者:忍坂部乙麻呂、文武、難波、行幸、大阪、従駕、望郷、動物、地名
タイトルとURLをコピーしました