万葉集 第1巻 3番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻3番歌はこちらにまとめました。

第1巻 3番歌

第1巻
歌番号 3番歌
作者 中皇命
題詞 天皇遊猟内野之時中皇命使間人連老獻歌
原文 八隅知之 我大王乃 朝庭 取撫賜 夕庭 伊縁立之 御執乃 梓弓之 奈加弭乃 音為奈利 朝猟尓 今立須良思 暮猟尓 今他田渚良之 御執<能> <梓>弓之 奈加弭乃 音為奈里
訓読 やすみしし 我が大君の 朝には 取り撫でたまひ 夕には い寄り立たしし み執らしの 梓の弓の 中弭の 音すなり 朝猟に 今立たすらし 夕猟に 今立たすらし み執らしの 梓の弓の 中弭の 音すなり
かな やすみしし わがおほきみの あしたには とりなでたまひ ゆふへには いよりたたしし みとらしの あづさのゆみの なかはずの おとすなり あさがりに いまたたすらし ゆふがりに いまたたすらし みとらしの あづさのゆみの なかはずの おとすなり
英語(ローマ字) YASUMISHISHI WAGAOHOKIMINO ASHITANIHA TORINADETAMAHI YUFUHENIHA IYORITATASHISHI MITORASHINO ADUSANOYUMINO NAKAHAZUNO OTOSUNARI ASAGARINI IMATATASURASHI YUFUGARINI IMATATASURASHI MITORASHINO ADUSANOYUMINO NAKAHAZUNO OTOSUNARI
八方隅々まで支配なさる大君。朝方には手に取って撫でられ、夕方には寄り添ってお立ちになるご愛用の梓弓。中弭(なかはず)の音が鳴り響いて朝の狩りに今お立ちになったようだ。夕方は夕方で夕方の狩りに今出かけられたようだ。ご愛用の梓弓の中弭の音が鳴り響いている。
左注
校異 梓能 能梓 [元]
用語 雑歌、作者:中皇命:間人老、五条市、代作、弓讃め、狩猟、宴席、地名、枕詞、寿歌
タイトルとURLをコピーしました