万葉集 第1巻 43番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻43番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第1巻 43番歌

第1巻
歌番号 43番歌
作者 當麻真人麻呂妻
題詞 (幸于伊勢國時)當麻真人麻呂妻作歌
原文 吾勢枯波 何所行良武 己津物 隠乃山乎 今日香越等六
訓読 我が背子はいづく行くらむ沖つ藻の名張の山を今日か越ゆらむ
かな わがせこは いづくゆくらむ おきつもの なばりのやまを けふかこゆらむ
英語(ローマ字) WAGASEKOHA IDUKUYUKURAMU OKITSUMONO NABARINOYAMAWO KEFUKAKOYURAMU
私の夫はどのあたりを旅しているのだろう。今日あたり名張の山を越えているだろうか。
左注 (右日本紀曰 朱鳥六年壬辰春三月丙寅朔戊辰浄<廣>肆廣瀬王等為留守官 於是中納言三輪朝臣高市麻呂脱其冠位E上於朝重諌曰 農作之前車駕未可以動 辛未天皇不従諌 遂幸伊勢 五月乙丑朔庚午御阿胡行宮)
校異
用語 雑歌、作者:當麻真人麻呂妻、留京、留守、伊勢行幸、妻歌、枕詞、地名
タイトルとURLをコピーしました