万葉集 第1巻 6番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻6番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第1巻 6番歌

第1巻
歌番号6番歌
作者軍王
題詞(讃岐國安益郡之時軍王見山作歌)反歌
原文山越乃 風乎時自見 寐<夜>不落 家在妹乎 懸而小竹櫃
訓読山越しの風を時じみ寝る夜おちず家なる妹を懸けて偲ひつ
かなやまごしの かぜをときじみ ぬるよおちず いへなるいもを かけてしのひつ
英語(ローマ字)YAMAGOSHINO KAZEWOTOKIJIMI NURUYOOCHIZU IHENARUIMOWO KAKETESHINOHITSU
山越の風が絶え間なく吹くのでよく寝られず、故郷の彼女を思って偲んでいる。
左注右檢日本書紀 無幸於讃岐國 亦軍王未詳也 但山上憶良大夫類聚歌林曰 記曰 天皇十一年己亥冬十二月己巳朔壬午幸于伊<与>温湯宮[云々] 一<書> 是時 宮前在二樹木 此之二樹斑鳩比米二鳥大集 時勅多挂稲穂而養之 乃作歌[云々] 若疑従此便幸之歟
校異<> 夜 [西(右書)][元][類][冷] / 豫 与 [元][類][古] / 書云 書 [元][類][紀] / 乃 [元][紀] 仍
用語雑歌、作者:軍王、望郷、香川、行幸、羈旅、大夫、地名
タイトルとURLをコピーしました