万葉集 第1巻 45番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻45番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第1巻 45番歌

第1巻
歌番号45番歌
作者柿本人麻呂
題詞軽皇子宿于安騎野時柿本朝臣人麻呂作歌
原文八隅知之 吾大王 高照 日之皇子 神長柄 神佐備世須<等> 太敷為 京乎置而 隠口乃 泊瀬山者 真木立 荒山道乎 石根 禁樹押靡 坂鳥乃 朝越座而 玉限 夕去来者 三雪落 阿騎乃大野尓 旗須為寸 四能乎押靡 草枕 多日夜取世須 古昔念而
訓読やすみしし 我が大君 高照らす 日の皇子 神ながら 神さびせすと 太敷かす 都を置きて 隠口の 初瀬の山は 真木立つ 荒き山道を 岩が根 禁樹押しなべ 坂鳥の 朝越えまして 玉限る 夕去り来れば み雪降る 安騎の大野に 旗すすき 小竹を押しなべ 草枕 旅宿りせす いにしへ思ひて
かなやすみしし わがおほきみ たかてらす ひのみこ かむながら かむさびせすと ふとしかす みやこをおきて こもりくの はつせのやまは まきたつ あらきやまぢを いはがね さへきおしなべ さかとりの あさこえまして たまかぎる ゆふさりくれば みゆきふる あきのおほのに はたすすき しのをおしなべ くさまくら たびやどりせす いにしへおもひて
英語(ローマ字)YASUMISHISHI WAGAOHOKIMI TAKATERASU HINOMIKO KAMUNAGARA KAMUSABISESUTO FUTOSHIKASU MIYAKOWOOKITE KOMORIKUNO HATSUSENOYAMAHA MAKITATSU ARAKIYAMADIWO IHAGANE SAHEKIOSHINABE SAKATORINO ASAKOEMASHITE TAMAKAGIRU YUFUSARIKUREBA MIYUKIFURU AKINOOHONONI HATASUSUKI SHINOWOOSHINABE KUSAMAKURA TABIYADORISESU INISHIHEOMOHITE
我が大君、すなわち日の御子は神のまま神々しくていらっしゃる。その御子は太く立派な御殿におられるが、そこからお出かけになられた。険しい初瀬の山は木々がそそりたつ荒々しい山道。遮る岩や木々を乗り越え、おしのけて進まれる。朝越えてこられ、夕方には雪が降る安騎(あき)の大野に旗のようになびくススキや小竹(しの)を押し分けて旅寝をなさる。遠い昔の旅寝を偲んで。
左注
校異登 等 [元][冷][紀]
用語雑歌、作者:柿本人麻呂、軽皇子、阿騎野、遊猟、狩猟、皇子讃歌、草壁皇子、追悼、大嘗祭、祭式、宇陀、地名、枕詞、植物
タイトルとURLをコピーしました