万葉集 第1巻 46番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻46番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第1巻 46番歌

第1巻
歌番号 46番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 (軽皇子宿于安騎野時柿本朝臣人麻呂作歌)短歌
原文 阿騎乃<野>尓 宿旅人 打靡 寐毛宿良<目>八方 古部念尓
訓読 安騎の野に宿る旅人うち靡き寐も寝らめやもいにしへ思ふに
かな あきののに やどるたびひと うちなびき いもぬらめやも いにしへおもふに
英語(ローマ字) AKINONONI YADORUTABIHITO UCHINABIKI IMONURAMEYAMO INISHIHEOMOFUNI
安騎の野に泊まられる軽皇子様は手足を伸ばしてゆったりと寝られたいだろうに、祖父母(天武天皇と持統天皇)の故地吉野のことを思うとおやすみになれますまい。
左注
校異 <> 野 [紀] / 自 目 [類][紀]
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂、軽皇子、阿騎野、遊猟、狩猟、皇子讃歌、草壁皇子、追悼、大嘗祭、祭式、宇陀、地名
タイトルとURLをコピーしました