万葉集 第1巻 47番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻47番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第1巻 47番歌

第1巻
歌番号 47番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 ((軽皇子宿于安騎野時柿本朝臣人麻呂作歌)短歌)
原文 真草苅 荒野者雖有 葉 過去君之 形見跡曽来師
訓読 ま草刈る荒野にはあれど黄葉の過ぎにし君が形見とぞ来し
かな まくさかる あらのにはあれど もみちばの すぎにしきみが かたみとぞこし
英語(ローマ字) MAKUSAKARU ARANONIHAAREDO MOMICHIBANO SUGINISHIKIMIGA KATAMITOZOKOSHI
黄葉の季節を過ぎ、雑草を刈り取らねばならないほどの荒れ野ですが、祖父母や父母の故地のこの吉野にやってまいりました。
左注
校異
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂、軽皇子、阿騎野、遊猟、狩猟、皇子讃歌、草壁皇子、追悼、大嘗祭、祭式、宇陀、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました