万葉集 第1巻 48番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻48番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第1巻 48番歌

第1巻
歌番号 48番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 ((軽皇子宿于安騎野時柿本朝臣人麻呂作歌)短歌)
原文 東 野炎 立所見而 反見為者 月西渡
訓読 東の野にかぎろひの立つ見えてかへり見すれば月かたぶきぬ
かな ひむがしの のにかぎろひの たつみえて かへりみすれば つきかたぶきぬ
英語(ローマ字) HIMUGASHINO NONIKAGIROHINO TATSUMIETE KAHERIMISUREBA TSUKIKATABUKINU
東の野に明け方の光が立ち上るのが見える。振り返ると西空に月が傾いている。
左注
校異
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂、軽皇子、阿騎野、遊猟、狩猟、皇子讃歌、草壁皇子、追悼、大嘗祭、祭式、宇陀、地名
タイトルとURLをコピーしました