万葉集 第1巻 30番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻30番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第1巻 30番歌

第1巻
歌番号30番歌
作者柿本人麻呂
題詞(過近江荒都時柿本朝臣人麻呂作歌)反歌
原文樂浪之 思賀乃辛碕 雖幸有 大宮人之 船麻知兼津
訓読楽浪の志賀の辛崎幸くあれど大宮人の舟待ちかねつ
かなささなみの しがのからさき さきくあれど おほみやひとの ふねまちかねつ
英語(ローマ字)SASANAMINO SHIGANOKARASAKI SAKIKUAREDO OHOMIYAHITONO FUNEMACHIKANETSU
ここささなみの志賀の辛崎よ、今もよい所。お前は大宮人たちが舟遊びにやってくるのを待っているのか。待っても待ってもやって来ないのに。
左注
校異
用語雑歌、作者:柿本人麻呂、荒都歌、大津、鎮魂、地名、滋賀
タイトルとURLをコピーしました