万葉集 第1巻 9番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻9番歌はこちらにまとめました。

第1巻 9番歌

第1巻
歌番号 9番歌
作者 額田王
題詞 幸于紀温泉之時額田王作歌
原文 莫囂圓隣之大相七兄爪謁氣 吾瀬子之 射立為兼 五可新何本
訓読 莫囂円隣之大相七兄爪謁気我が背子がい立たせりけむ厳橿が本
かな ***** ******* わがせこが いたたせりけむ いつかしがもと
英語(ローマ字) ***** ******* WAGASEKOGA ITATASERIKEMU ITSUKASHIGAMOTO
静かな朝の岬、白い雲がたなびいている。わが君がお立ちになっていらした橿の木の下に。
左注
校異 謁 [元][類][紀] 湯
用語 雑歌、作者:額田王、紀州、和歌山、難訓、厳橿、斎橿、植物
タイトルとURLをコピーしました