万葉集 第1巻 41番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻41番歌はこちらにまとめました。

第1巻 41番歌

第1巻
歌番号 41番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 (幸于伊勢國時留京柿本朝臣人麻呂作歌)
原文 釼著 手節乃埼二 今<日>毛可母 大宮人之 玉藻苅良<武>
訓読 釧着く答志の崎に今日もかも大宮人の玉藻刈るらむ
かな くしろつく たふしのさきに けふもかも おほみやひとの たまもかるらむ
英語(ローマ字) KUSHIROTSUKU TAFUSHINOSAKINI KEFUMOKAMO OHOMIYAHITONO TAMAMOKARURAMU
飾り立てたくしろのように美しい答志の崎。今日も大宮人(女官)たちが玉藻を刈りとっているだろう。
左注 (右日本紀曰 朱鳥六年壬辰春三月丙寅朔戊辰浄<廣>肆廣瀬王等為留守官 於是中納言三輪朝臣高市麻呂脱其冠位E上於朝重諌曰 農作之前車駕未可以動 辛未天皇不従諌 遂幸伊勢 五月乙丑朔庚午御阿胡行宮)
校異 <> 日 [類][冷][紀] / 哉 武 [類][冷][紀]
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂、留京、留守、伊勢行幸、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました