万葉集 第1巻 69番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻69番歌はこちらにまとめました。

第1巻 69番歌

第1巻
歌番号69番歌
作者清江娘子
題詞(太上天皇幸于難波宮時歌)
原文草枕 客去君跡 知麻世婆 <崖>之<埴>布尓 仁寶播散麻思<呼>
訓読草枕旅行く君と知らませば岸の埴生ににほはさましを
かなくさまくら たびゆくきみと しらませば きしのはにふに にほはさましを
英語(ローマ字)KUSAMAKURA TABIYUKUKIMITO SHIRAMASEBA KISHINOHANIFUNI NIHOHASAMASHIWO
旅の途中のお方と存知あげていれば、美しい埴生(はにゅう)の染料で染めて差し上げられたのに。
左注右一首清江娘子進長皇子[姓氏未詳]
校異婆 [元][類][紀] 波 / 岸 崖 [元][類] / 垣 埴 [元][類] / 乎 呼 [元][類]
用語雑歌、作者:清江娘子、長皇子、遊行女婦、難波、大阪、持統、恋歌、旅、地名
タイトルとURLをコピーしました