万葉集 第1巻 22番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻22番歌はこちらにまとめました。

第1巻 22番歌

第1巻
歌番号 22番歌
作者 吹芡刀自
題詞 明日香清御原宮天皇代 [天渟中原瀛真人天皇謚曰天武天皇] / 十市皇女参赴於伊勢神宮時見波多横山巌吹B刀自作歌
原文 河上乃 湯津盤村二 草武左受 常丹毛冀名 常處女煮手
訓読 川の上のゆつ岩群に草生さず常にもがもな常処女にて
かな かはのへの ゆついはむらに くさむさず つねにもがもな とこをとめにて
英語(ローマ字) KAHANOHENO YUTSUIHAMURANI KUSAMUSAZU TSUNENIMOGAMONA TOKOWOTOMENITE
五十鈴川の清冽な岩群れに雑草が繁茂することがないように、十市皇女様もずっと處女のように美しく清らかであらせられるように。
左注 吹B刀自未詳也 但紀曰 天皇四年乙亥春二月乙亥朔丁亥十市皇女阿閇皇女参赴於伊勢神宮
校異 盤 [文][温] 磐
用語 雑歌、作者:吹B刀自、十市皇女、阿閇皇女、三重、予祝
タイトルとURLをコピーしました