万葉集 第1巻 10番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻10番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第1巻 10番歌

第1巻
歌番号10番歌
作者中皇命(間人皇女)
題詞中皇命徃于紀温泉之時御歌
原文君之齒母 吾代毛所知哉 磐代乃 岡之草根乎 去来結手名
訓読君が代も我が代も知るや岩代の岡の草根をいざ結びてな
かなきみがよも わがよもしるや いはしろの をかのくさねを いざむすびてな
英語(ローマ字)KIMIGAYOMO WAGAYOMOSHIRUYA IHASHIRONO WOKANOKUSANEWO IZAMUSUBITENA
世間の人々は岩代の岡にそっと寄り添っている私たちのことを誰か知っているでしょうか。草の根を結びつけてしっかりと絆を結びましょう。
左注(右檢山上憶良大夫類聚歌林曰 天皇御製歌[云々])
校異磐 [元][冷][古] 盤
用語雑歌、作者:中皇命:間人皇女、紀州、和歌山、羈旅、異伝、手向け、植物
タイトルとURLをコピーしました