万葉集 第1巻 65番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻65番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第1巻 65番歌

第1巻
歌番号65番歌
作者長皇子
題詞(慶雲三年丙午幸于難波宮時)長皇子御歌
原文霰打 安良礼松原 住吉<乃> 弟日娘与 見礼常不飽香聞
訓読霰打つ安良礼松原住吉の弟日娘女と見れど飽かぬかも
かなあられうつ あられまつばら すみのえの おとひをとめと みれどあかぬかも
英語(ローマ字)ARAREUTSU ARAREMATSUBARA SUMINOENO OTOHIWOTOMETO MIREDOAKANUKAMO
あられ(霰)が降ってくるような寒々としたアラレの松原も、美しいこの弟日娘女と共に眺めていれば飽きることもないなあ。
左注
校異之 乃 [元][類][古][冷][紀]
用語雑歌、慶雲3年、年紀、作者:長皇子、難波、行幸、従駕、大阪、地名讃美、文武、枕詞、地名
タイトルとURLをコピーしました