万葉集 第1巻 62番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻62番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第1巻 62番歌

第1巻
歌番号 62番歌
作者 春日倉老(春日老)
題詞 三野連[名闕]入唐時春日蔵首老作歌
原文 在根良 對馬乃渡 々中尓 <幣>取向而 早還許年
訓読 在り嶺よし対馬の渡り海中に幣取り向けて早帰り来ね
かな ありねよし つしまのわたり わたなかに ぬさとりむけて はやかへりこね
英語(ローマ字) ARINEYOSHI TSUSHIMANOWATARI WATANAKANI NUSATORIMUKETE HAYAKAHERIKONE
秀麗な峰々が続く対馬を渡る時、海中に幣(ぬさ)を捧げて早くお帰り下さい。
左注
校異 弊 幣 [元][類][冷]
用語 雑歌、作者:春日老、三野連、入唐、餞別、地名、対馬
タイトルとURLをコピーしました