万葉集 第1巻 63番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻63番歌はこちらにまとめました。

第1巻 63番歌

第1巻
歌番号 63番歌
作者 山上憶良
題詞 山上臣憶良在大唐時憶本郷作歌
原文 去来子等 早日本邊 大伴乃 御津乃濱松 待戀奴良武
訓読 いざ子ども早く日本へ大伴の御津の浜松待ち恋ひぬらむ
かな いざこども はやくやまとへ おほともの みつのはままつ まちこひぬらむ
英語(ローマ字) IZAKODOMO HAYAKUYAMATOHE OHOTOMONO MITSUNOHAMAMATSU MACHIKOHINURAMU
さあ、一同。早く大和へ帰ろうぞ。大伴の御津の浜辺の松もわれらを待ち焦がれていようぞ。
左注
校異
用語 雑歌、作者:山上憶良、唐、望郷、地名
タイトルとURLをコピーしました