万葉集 第1巻 60番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻60番歌はこちらにまとめました。

第1巻 60番歌

第1巻
歌番号 60番歌
作者 長皇子
題詞 長皇子御歌
原文 暮相而 朝面無美 隠尓加 氣長妹之 廬利為里計武
訓読 宵に逢ひて朝面無み名張にか日長く妹が廬りせりけむ
かな よひにあひて あしたおもなみ なばりにか けながくいもが いほりせりけむ
英語(ローマ字) YOHINIAHITE ASHITAOMONAMI NABARINIKA KENAGAKUIMOGA IHORISERIKEMU
夜に共に寝て朝顔も会わせずに隠れるという名張で何日も何日もあの子は仮宿して私を待っていたのだろうか。
左注
校異
用語 雑歌、作者:長皇子、地名、奈良
タイトルとURLをコピーしました