万葉集 第1巻 55番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻55番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第1巻 55番歌

第1巻
歌番号55番歌
作者調首淡海
題詞(大寶元年辛丑秋九月太上天皇幸于紀<伊>國時歌)
原文朝毛吉 木人乏母 亦打山 行来跡見良武 樹人友師母
訓読あさもよし紀人羨しも真土山行き来と見らむ紀人羨しも
かなあさもよし きひとともしも まつちやま ゆきくとみらむ きひとともしも
英語(ローマ字)ASAMOYOSHI KIHITOTOMOSHIMO MATSUCHIYAMA YUKIKUTOMIRAMU KIHITOTOMOSHIMO
紀の国の人々は羨ましいことだ。国境を往来するたびに真土山を見られる紀の国の人々は。
左注右一首調首淡海
校異
用語雑歌、大宝1年9月、年紀、作者:調首淡海、紀伊行幸、和歌山、亦打山、従駕、羈旅、土地讃美、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました