万葉集 第1巻 54番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第1巻54番歌はこちらにまとめました。

第1巻 54番歌

第1巻
歌番号 54番歌
作者 坂門人足
題詞 大寶元年辛丑秋九月太上天皇幸于紀<伊>國時歌
原文 巨勢山乃 列々椿 都良々々尓 見乍思奈 許湍乃春野乎
訓読 巨勢山のつらつら椿つらつらに見つつ偲はな巨勢の春野を
かな こせやまの つらつらつばき つらつらに みつつしのはな こせのはるのを
英語(ローマ字) KOSEYAMANO TSURATSURATSUBAKI TSURATSURANI MITSUTSUSHINOHANA KOSENOHARUNOWO
これが巨勢山の有名なつらつら椿か。春の野を彩ってさぞかし美しいことだろうな。つくづく眺めて春野を思い描こう。
左注 右一首坂門人足
校異 紀国 紀伊国 [元][類][紀]
用語 雑歌、大宝1年9月、年紀、作者:坂門人足、紀伊行幸、和歌山、巨勢、従駕、羈旅、土地讃美、地名
タイトルとURLをコピーしました